セレニウム調色 初体験!

DSC_0230-1200x1600

銀塩写真のアーカイバル処理で、セレニウム調色と言う方法があります。環境問題で最近日本では入手が難しくなりましたが、海外通販サイトから入手できます。今回は、ゾーンシステム研究会のルートで、コダックセレニウムトナーを使いました。

DSC_0232-1200x1600

一応、毒物なのでゴム手袋をして処理を行います。真ん中に処理液を置き、右に比較用に水に濡らした同じプリントを置き、変化を観察します。左に水洗用バットを置きます。

DSC_0234-1600x1200

「1:20希釈で3分」を勧められましたが、変化が少ないので、同じ希釈率で「なし、3分、6分、12分」と比較しました。

DSC_0230-1200x1600

う~ん😓。この違いわかります?デジタル写真だと殆んどわからないと思うので、説明します。

オリジナルの「なし」のプリントはわずかに温黒調で黄色味があるのですが、セレニウム調色により僅かづつ紫がかってきます。「なし」と「3分」は殆んど見分けがつきません。これはアーカイバル処理としては充分で理想的な変化です。

「6分」でシャドー部の色味の変化が確認できます。「12分」でシャドー部が締まり、紫っぽい色味の変化とわずかなコントラスト変化もわかります。

DSC_0231-1200x1600

今日まで開催されていたアンセル・アダムス展のオリジナルプリントは、かなり派手に紫がかっていたので、かなり濃いめ(1:3)?で、しかも強めにかけていたようです。

今回はここまで、濃いめの強めはまた次回に、、★

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中