セコニック オートリーダー L-188 の調整は簡単!

よく中古カメラ店で見かける、セコニックのオートリーダーL-188。だいたい3000円前後と超お手頃ですが、メーターがずれてしまってるものが多いですね。

裏側の3本のネジを外すと、簡単に分解出来ます。

_20181015_214313

上からハイライト調整(赤)、バッテリーチェック調整(白)、ロー(シャドウ)調整(青)です。

極細のラジオペンチ、ピンセットなどにテープを巻いたもので、ボリュームを調整します。割り箸や楊枝なども役立ちます。

難しいのは、校正用の正しい露出をどうやって見つけるかです。私は、校正用に比較的新しいフィルムカメラのNikon F80を使っています。(デジカメやスマホアプリは、デジタル特性に合わせてシャドウが高めに出るのでダメです)

20110205211246

これで、均一な明るさの壁、空などを測り、全体的に±0.5EV以内の誤差に収まるようになれば、実用に耐える精度に調整出来ます。精度の良い新しい反射式露出計やスポット露出計が有れば、なお良いです。

でも、たぶんシャドウ側はやや暗め(例えば、実際の明るさは5EVなのに、メーターは4EV)に出て、調整範囲を超えてしまいますが、これはCDS(受光素子)の特性なんだと思います。モノクロフィルムの特性としては、シャドウに弱いので、むしろこのままで良いと思います。

私はゾーンシステム用に、こんなものまで開発しました。シャドウを測る時は、被写体に超接近します!

IMG_20181015_233523

フィルムカメラ愛用の人は、スマホアプリなんて使わないで、是非、オールアナログ露出計で決めましょう!

「なんでスマホで撮らないの?」って馬鹿にされちゃいますよ~(笑)

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中