●現研レンタル暗室

_DSC2534

DSC_2062

昔ながらの大部屋形式の暗室です。授業でも使用しています。(最大で8~9名で作業できます。)
引伸ばし&現像処理は、大全紙(20×24inch)まで可能です。

●35mm~6×9(FUJI FD690):7ブース
●4×5(Lucky 450M):2ブース

●ご自由にコーヒーをどうぞ!(セルフサービス)。

Screenshot_2018-01-21-12-39-58


●ご予約:
現研レンタル暗室は予約制です。予約フォームか、当日のお電話でも受け付けます。
『暗室・PC開放日カレンダー⬆』をご覧下さい。(例:暗室13:00-18:00などが予約できる時間帯です)
●初めてご利用時:
10分程度の使用マナー、機材等の説明を致します(利用時間には含みません)。初心者対象で『無料暗室体験(2h、予約制)』も実施しています。
●ご利用開始時:
「暗室使用申告書」に開始時刻を、ご記入ください。
●ご利用終了時:
「暗室使用申告書」に終了時刻、購入印画紙等をご記入ください。事務局員または暗室担当者に、所定の料金を現金でお支払い願います。使用時間は30分単位です(水洗・乾燥時間はカウントしません)。
●機材の破損事故等:
暗室機材には引伸機をはじめ精密機器も含まれます。万が一の破損、落下事故等は実費弁償になります。


 暗室使用料金表01

●現像液はフジ・パピトール(1:1)です。別途、現像液を持ち込みたい場合は、事前にご連絡ください。
●印画紙は、お客様でご用意下さい。
●乾燥作業は、RC(温風乾燥機)、バライタ(専用棚で自然乾燥)どちらも対応できます。バライタの場合は、水洗後そのままお持ち帰りになるか、自然乾燥後の翌日以降の回収になります。
●プレス機の使用料は、1枚20円です。使用時に事務局にお知らせください。


<予約フォーム>

お名前、メールアドレス、電話番号、ご予約の種類、ご希望の日時、フォーマット(35mm、6×6、4×5など)、ご質問などをご記入の上、
送信ボタンをクリックしてください。折り返し、ご連絡致します。

 


Screenshot_2018-01-21-12-39-58


<電話でのご予約>

現代写真研究所事務局:03-3359-7611( 13:00~19:00)

20180220_054845 無料暗室体験はこちら

広告