「写真もあなたの言葉です!」

現代写真研究所は1974年創立
40年の歴史のある写真学校です
「フィルムで撮影し印画紙にプリント」
昔からの写真手法にこだわっています
これは一見無駄な作業のようで
写真本来の力と魅力を引出してくれます
フィルムで撮影し
印画紙にプリントして見て下さい
デジタル写真だけではわからない
暗室の中でしか味わえない
奥深いモノクロ写真の世界が広がります


YOUR PHOTOGRAPH
IS
ALSO YOUR LANGUAGE !

 

lnstitute of Contemporary Photography(GENKEN) is established in 1974. We have the over 40 years long history of the photographic school. We have been leaving the photographic technic old fashioned such as “Shooting by the film ,then Printing on the photographic paper”.
Recently, it may seem like the old useless process, but It will bring you a new photographic power. You will feel fresh charms of the photography.
Let’s Shooting by the film ,then Printing on the photographic paper!
That is the analog technic in the darkroom you never been known, and never been tasted by your digital desktop. You will get the amazing deepworld of the silver gelatin monochrome photography.

 

Adams Church, Taos, Pueblo』

1942年

Ansel Adams

出典:wikipedia/public domain


●レンタル暗室のご利用は1度に2名迄
●利用時間:毎日13:00~18:00(水洗・乾燥~19:00)
●金曜ナイト暗室:毎週18:00~21:00
●定休日:月曜
●「暗室・PC開放日カレンダー」 (Googleカレンダー)で予約状況を確認出来ます
※更新されていない場合は、お手数ですがメール、またはお電話でご確認下さい
●当日のご利用は直接お電話ください(現研事務局03-3359-7611)

 


●Darkroomcafe のコロナ感染予防対策ガイドライン

暗室ご利用前にお読み下さい


 

毎日 13:00~19:00

      Rental darkroom   everyday

 

第2・4日曜 14:00~16:00

Free darkroom experience

 

毎週金曜18:00~21:00

Friday night darkroom

 

テクニック・撮影会

Technical information Photo-session

one day workshop

 

モノクロ・One Day Workshop

Monochrome Film Workshop

 

35ミリ 暗室テクニック

Darkroom technique class

We speak English a little, but there are not always the English speaker in the office. If you have any questions , please mail to the below.
darkroomcafe@hotmail.com
Translator site:https://translate.google.com

Screenshot_2018-01-21-12-39-58


2022MFW Ⅳ DM(F)_03


写真展は無事終了しました。
皆さま、ご来場有難うございました!

2022MFW Ⅳ DM(R)_03_トリミング

THE BASE POINT GALLERY ▼
http://www.thebasepoint.jp/2022Gallery.html

 


2022MFW_B5チラシ(表)_RGB_01

2022MFW_B5チラシ(裏)_RGB_01


フィルムカメラの露出、フィルム現像、暗室プリント、フラットニング仕上げまで、高級バライタ印画紙を使用する本格的な講座です。フィルム初心者の方、自己流を脱してより美しいプリントを目指したい方、暗室ワークを学びたい方のために設定しました。35ミリ、ブローニーを中心に、今期はハーフサイズカメラによる高温現像法・粗粒子プリントなど、フィルムならではの多彩な表現も体験できます。ワークショップ修了後、作品はGENKEN Stairway Galleryで展示いたします。


下記オプション選択授業を新設しました。
※オプション授業は原則第4日曜日です。

●4×5撮影、フィルム現像(10:00~16:00/2コマ):
4×5大型カメラの操作(撮影ルーティーン、アオリ)、フィルム装填、フィルム現像、

●フィルムプリントスキャン(14:00~17:00/1コマ):
フィルムの高画質を漏らさずデジタル化するモノクロネガのスキャンニング、
RAWデータ出力とLightroom編集
銀塩プリントの原稿を、忠実に再現するスキャンニング

●カラープリント(10:00~16:00/2コマ):
カラー理論、35ミリカラーネガを使用(ブローニーは不可)、フィルターワーク、
現像プロセス(手現像)


●授業日程:2022年6月~11月  第1,3,(5) 土曜日
 ①14:00-17:00  ②17:30-20:30
 ※コロナ感染対策のため、実習は2クラスに分けています 

 

●授業日:月2回(今期7月のみ3回)/6ヶ月/全12回

●授業料:66,000 円+ 入学金5,500 円(税込)

●オプション受講料:5,500円/1コマ(税込)
 ※MFW受講生、OBOG生のみ受講できます


■担当講師:鈴木知之(現代写真研究所講師、ゾーンシステム研究会会員、JRP会員)
       亀井正樹(現代写真研究所講師、日本写真家協会会員、JRP会員)

■定 員:6名

■お申込み締切:2022年6月10日(金)、締切日までにメール、FAX、お電話にてお申込み下さい。

■授業料:各締切日までに、所定の銀行口座へお振込み願います。

■材料費:フィルム・印画紙などは各自でご用意願います。初回オリエンテーションで説明いたします。

■修了写真展:DM制作(人数割)、額装代などが別途かかります。

■フォーマット:ハーフサイズ、35mm、ブローニー、4×5さまざまなフォーマットで参加できます。

■レンタルカメラ:ハーフサイズ、35mm、645、6×6、6×7、露出計など、受講期間中レンタルできます。

■フィルム現像実習、暗室実習の欠席分に限り、レンタル暗室(3h分)に振替可(講師は付きません)。振替期間は今学期中のみ。

■コロナウイルス感染予防・緊急事態宣言へ対応する為、受講人数・授業内容・スケジュール・時間等が変更される事がございます。


■お申込みフォーム■


アサヒカメラ2018.5月号「モノクロ写真愛」特集にレンタル暗室として掲載!

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20001


_20180213_144422


フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、フィルムカメラ、ワークショップ、モノクロ、暗室、フィルム現像、初心者、講座、教室、